技術と設備

タレパン加工

タレパン加工とは

【動画】タレパン加工自動ライン(アマダ製EM2510)

※大きな音が出ますのでご注意ください。

タレパン加工とは、正式にはタレットパンチプレスと言い、タレットという金型で金属の板を打ち抜いて加工する手法です。NC制御(プログラム)で金型の自動交換や複雑な打ち抜き加工ができるため、量産に適しています。
当社は、アマダ製タレットパンチプレスEM2510NT+サイクルローダーで24時間体制で稼働しております。
サイクルローダーとは、材料集積装置のことです。材料棚が6段あり一梱包2トンまで積載可能です。素材3段、加工済3段という運用で連続3段6tの材料が加工可能です。

  • 加工可能サイズ…4’×8′ (1219*2438)
  • 加工可能板厚…鉄~3.2 / SUS~1.5
継ぎ目のないスロッティング加工
  • タレットパンチプレス

  • サイクルローダー

技術別詳細

ステンレス・鉄・アルミ
の精密板金加工
50~1,000個の中ロット
生産はお任せください!

(営業時間内のお問合せは即日対応、
見積は即確認いたします)

お電話でのお問合せは
平日9:00〜17:00までと
なっております。