技術と設備

パンチング

パンチングとは、パンチとダイと呼ばれる金型を使い、鋼板を打ち抜く加工法です。他の加工に比べ加工時間は短く、安価で規則正しい配列で孔(穴)を開けることができます。 また、専用の金型を作れば様々な形状の孔を開けることもできます。さらに、配列や孔の形や大きさを変えることでデザイン性を持たせることができます。装飾用パネルとしての用途も多くあります。

> 保有金型一覧

製品例

超音波洗浄機用バスケット

  • 材質:SUS304
  • 板厚:1.0t
  • サイズ:250×420×H145
  • ロット:50個

タレパンにてパンチング加工を行っております。その後曲げ加工、スポット溶接加工で完成です。

ステンレス・鉄・アルミ
の精密板金加工
50~1,000個の中ロット
生産はお任せください!

(営業時間内のお問合せは即日対応、
見積は即確認いたします)

お電話でのお問合せは
平日9:00〜17:00までと
なっております。