技術と設備

バフ研磨・ヘアライン仕上げ

バフ研磨とは

バフ研磨とは、表面処理の最終工程で、研磨布を使い表面を鏡面のように仕上げたり、バリや汚れを除去するために施されます。
写真はステンレスの研磨材で、外観重視の照明機器ステンレスカバーです。
溶接、仕上げ後、#400程度に磨き上げます。その後、脱脂処理やゴミを取り除き梱包いたします。

バレル研磨とは

バレル研磨とは、タンク型機械に入れた製造品と研磨石が内部でぶつかり合うことにより、この衝撃で製造品を磨く方法です。
大ロットの製品を一定の状態で仕上げることが可能です。

> バレル研磨(医療機器部品)の事例を見る

バフ研磨の製品例

医療機器シンク

  • 材質:ステンレス(SUS304)
  • 板厚:1.2t
  • サイズ:300×400×H200

写真は医療機器メーカー仕様ですが、厨房機器、食品機器、理化学機器メーカー様にも類似でOEM供給しております。

ヘアライン仕上げ

ヘアライン仕上げとは、製品の装飾としての加工方法の一種です。
控えめで上品な印象、立体的で高級感のある見た目に仕上げることができ、主に装飾的な用途で施されます。
また、製品の側面や裏面など、他のものと接触しやすい箇所に施すこともあります。設置段階で他のものと接触し傷がつく恐れがあるものに施しておくと、傷がついても目立ちにくくなります。

> ヘアライン加工(放送機器パネル)の事例を見る

ステンレス・鉄・アルミ
の精密板金加工
50~1,000個の中ロット
生産はお任せください!

(営業時間内のお問合せは即日対応、
見積は即確認いたします)

お電話でのお問合せは
平日9:00〜17:00までと
なっております。