NCベンダーで曲げ、TIG溶接、バフ研磨した医療機器カバー事例
2021年1月26日 公開  2021年5月6日 更新

NCベンダーで曲げ、TIG溶接、バフ研磨した医療機器カバー事例

曲げの近くに丸穴、そのまま加工すると穴が歪んでしまう場合

医療機器カバーの加工事例です。

  • SUS304両面研磨材をNCベンダーで曲げ、その後TIG溶接>仕上げ>バフ研磨しました。
  • 曲げの近くに丸穴が空いており、そのまま加工してしまうと穴が歪んでしまうので下穴を空けて曲げ後ドリルで加工しております。
仕様・データ
材質
ステンレス(SUS304)両面研磨
板厚
3.0t
サイズ
W350×L200×H150mm
ロット
10~20個
貴社の「コストダウン」「納期短縮」の可能性を探ります

ステンレス・鉄・アルミ
の精密板金加工
50~1,000個の中ロット
生産はお任せください!

(営業時間内のお問合せは即日対応、
見積は即確認いたします)

お電話でのお問合せは
平日9:00〜17:00までと
なっております。