技術と設備

ルーバー加工

ルーバー加工とは、通風のための隙間(放熱口、風穴、通気口)を開ける成形プレス加工のことです。 様々な電気設備、機械設備、電気製品等や、位置決め、ストッパーに使われることもあります。当社ではNCタレットパンチプレス用のルーバー金型を保有しております。
※クリアランスの関係で板厚に制限があります。詳しくはお問合せください。

60×7のルーバーです。このルーバーの金型を二本持っておりますので、180度反転させたルーバーも同時に加工可能です。

  • 金型サイズ:7×60
  • 板厚:0.8t~1.2t

製品例

設備機器カバー(屋外用)

  • 材質:SUS304
  • 板厚:1.0t
  • サイズ:500×450×H350
  • ロット:10個

タレパン加工、曲げ加工、スポット溶接後、塗装にて仕上げております。

保有金型

7*60

ステンレス・鉄・アルミ
の精密板金加工
50~1,000個の中ロット
生産はお任せください!

(営業時間内のお問合せは即日対応、
見積は即確認いたします)

お電話でのお問合せは
平日9:00〜17:00までと
なっております。