ウェルドナット溶接・スポット溶接の半導体製造装置カバー
2021年1月21日 公開  2021年4月30日 更新

ウェルドナット溶接・スポット溶接の半導体製造装置カバー

焼けないスポットでねじ山のいたみ無し、溶接工程改善

SUS304 M4六角ウェルドナット

  • 強度
    1.5倍
  • 溶接工程
    大幅短縮
課題
  • ナットの溶接焼け焦げがあり、サンダー掛け、歪み取りの工程が必要。
  • ねじ山のいたみもあり、後でリタップも必要。
解決!
強度UP、工程大幅改善

新鋭機の高速電源スポット溶接機(向洋技研製)の導入により

  • ナットの溶接焼け焦げ無し
  • ねじ山の傷み無しで強度は従来の1.5倍に、リタップの必要なし

納入業種は半導体製造装置、医療機器、厨房機器、食品機械等のメーカー様で採用されております。この焼けないスポット溶接加工は、かなり有効です。

仕様・データ
材質
SUS 304
板厚
1.0t
公差
一般公差範囲内
ロット
1~1,000個
この事例についてのコメント

ウェルドナット(溶接ナット)は、自動車のボディシェルのように、金属の板を複数合わせた構造を持つものには、接続のナットが必要です。しかし、薄い金属板はタップが切れないため,他の部品同士をつなぐ方法がありません。溶接ナットは、金属板に溶接するもので薄板にも使用でき、一度取り付ければ他の部品との脱着もしやすいのが特徴です。
また、溶接ナットには複数の種類があり、それぞれで特徴が異なります。耐久性や溶接のしやすさも変わりますので、取り付ける板金の厚さや大きさに応じて選ぶことが重要です。
一般的に「六角」「四角」「T型」が使われることが多いです。

貴社の「コストダウン」「納期短縮」の可能性を探ります

ステンレス・鉄・アルミ
の精密板金加工
50~1,000個の中ロット
生産はお任せください!

(営業時間内のお問合せは即日対応、
見積は即確認いたします)

お電話でのお問合せは
平日9:00〜17:00までと
なっております。