SUS304(片面研磨)に電解研磨したSUS304CSP(バネ材)をスポット溶接した食品機器カバー
2021年1月25日 公開  2021年7月12日 更新

SUS304(片面研磨)に電解研磨したSUS304CSP(バネ材)をスポット溶接した食品機器カバー

お客様にコストダウンを還元する手法をとことん追及しております

食品機器カバーの加工事例です。

  • SUS304片面研磨材をタレパンで加工し、その後電解研磨製品をスポット溶接しています。
  • スポット部品はSUS304CSP(バネ材)を曲げ>電解研磨>スポットの順で加工しています。
  • スポット溶接の焦げ跡は焼き取りで仕上げています。
仕様・データ
材質
SUS304(片面研磨)
SUS304CSP(バネ材)
板厚
1.5t
サイズ
W300×L300×H100mm
ロット
5~20個
この事例についてのコメント

食品機器カバーの加工事例です。
SUS304片面研磨材をタレパンで加工し、その後電解研磨製品をスポット溶接しています。
スポット部品はSUS304CSP(バネ材)を曲げ>電解研磨>スポットの順で加工しています。スポット溶接の焦げ跡は焼き取りで仕上げています。

貴社の「コストダウン」「納期短縮」の可能性を探ります

ステンレス・鉄・アルミ
の精密板金加工
50~1,000個の中ロット
生産はお任せください!

(営業時間内のお問合せは即日対応、
見積は即確認いたします)

お電話でのお問合せは
平日9:00〜17:00までと
なっております。