大学病院からのご依頼品、ステンレス製試験管ケース(打ち抜き式)の加工事例
2021年1月26日 公開  2021年5月6日 更新

大学病院からのご依頼品、ステンレス製試験管ケース(打ち抜き式)の加工事例

ステンレス製試験管ケース(打ち抜き式)。某大学病院様からのオーダーでした。

  • ステンレス材をタレパンにてパンチング加工後曲げ、プレスにて取っ手部分を金型にて絞り加工。
  • その後パンチング材をスポット溶接にて組立。
  • パッチン錠を溶接し、相方のフタにはラバーを接着し、完成。
仕様・データ
材質
SUS304 片面研磨材
板厚
0.8t
サイズ
W350×350×80mm
ロット
50個
貴社の「コストダウン」「納期短縮」の可能性を探ります

ステンレス・鉄・アルミ
の精密板金加工
50~1,000個の中ロット
生産はお任せください!

(営業時間内のお問合せは即日対応、
見積は即確認いたします)

お電話でのお問合せは
平日9:00〜17:00までと
なっております。