技術と設備

R曲げ

R曲げとは、板金をR形状に曲げる加工方法で、ローラーを使用する方法、ベンダーを使用する方法、また、金型を使用する方法があります。

用途に応じたR曲げ加工方法のメリット・デメリット

                    
ローラー ベンダー金型
メリット ・スピーディーな曲げが可能
・ムラなくきれいに仕上がる
・複雑で難しい加工に対応可能・量産に適している
・金型がある場合は、低コスト
・ムラなくきれいに仕上がる
デメリット ・大きさが限定される(25π~80π) ・他の方法と比較して加工時間がかかることがある・金型が無い場合、採算性はロットとの兼ね合いによる

試作であれば重視されるのはスピード、機械用部品などでは複雑な加工が必要、または量産が必要など、用途に応じた加工方法を提案させていただきます。

ステンレス・鉄・アルミ
の精密板金加工
50~1,000個の中ロット
生産はお任せください!

(営業時間内のお問合せは即日対応、
見積は即確認いたします)

お電話でのお問合せは
平日9:00〜17:00までと
なっております。