板金豆知識

スポット溶接の品質不良「加圧設定」

2010年5月24日 公開  / 2021年2月25日 更新
技術

スポット溶接シリーズ その6です。

基礎編 6

加圧設定

約0.1秒~0.2秒(4~10サイクル)で発熱、一気に1500℃くらいまで上昇し上下チップ方向に動こうとする溶融部分を加圧し押さえ込みます。

押さえ込めない場合(加圧力不足)”ちり”が発生し飛散します。

本来ナゲットを形成する為の金属が飛び出してしまうとナゲット径、密度等にも影響が及ぼし、十分な結合力を得られなくなります。ですがごく少量の”ちり”はよい溶融の目安にもなります。

過度な加圧はくぼみ径を大きくするだけであり適切なバランスが必要であります。

リピート品やカタログ品の
OEM生産のメーカー
ご担当者様!
板金加工の
課題を解決いたします! ​
  • 高品質・レスポンスの良い精密板金加工メーカーを探している
  • 現在の業者で、品質・対応・納期などのトラブルが発生しており、困っている
  • 現在の業者にコストアップを打診されている
納期58%短縮、
コスト40%削減など
板金加工の豊富な課題解決
事例をご提案します

ステンレス・鉄・アルミ
の精密板金加工
50~1,000個の中ロット
生産はお任せください!

(営業時間内のお問合せは即日対応、
見積は即確認いたします)

お電話でのお問合せは
平日9:00〜17:00までと
なっております。