板金豆知識

スポット溶接の品質不良「4大条件とは」

2010年5月14日 公開  / 2021年2月25日 更新
技術

スポット溶接シリーズ その5です。

基礎編 5

日常の作業で多いのがこれ。

上から下にチップを通って流れなければいけない電流が、 他の箇所と物理的に接触してしまっている為に電流が他からも流れてしまって、 チップ部分に必要な電流が流れない事。

対策としてアームやチップに当たってしまう所に絶縁テープなどを巻くこと。
糊が付いているテープは熱で溶け気味になってしまう為、 シリコン系のテープが良く使われます。(水止め用のシールテープなど)

ここでスポット溶接作業の4大条件①電流②加圧③通電時間④電極(チップ)があります。
それぞれのバランスが大事ですので基本的な知識とデータ取り、試験が重要となります。

リピート品やカタログ品の
OEM生産のメーカー
ご担当者様!
板金加工の
課題を解決いたします! ​
  • 高品質・レスポンスの良い精密板金加工メーカーを探している
  • 現在の業者で、品質・対応・納期などのトラブルが発生しており、困っている
  • 現在の業者にコストアップを打診されている
納期58%短縮、
コスト40%削減など
板金加工の豊富な課題解決
事例をご提案します

ステンレス・鉄・アルミ
の精密板金加工
50~1,000個の中ロット
生産はお任せください!

(営業時間内のお問合せは即日対応、
見積は即確認いたします)

お電話でのお問合せは
平日9:00〜17:00までと
なっております。