【通信機器】【タレパン加工】【曲げ加工(ベンダー加工)】【圧入加工】通信機器シャーシ加工
2011年2月3日 公開  2021年2月12日 更新

【通信機器】【タレパン加工】【曲げ加工(ベンダー加工)】【圧入加工】通信機器シャーシ加工

お客様にコストダウンを還元する手法をとことん追及しております

カシメ(ファスナー圧入)

仕様・データ
材質
SECC(ボンデ鋼板)クロムフリー
板厚
1.2t
サイズ
500×350×80mm
ロット
50個
この事例についてのコメント

今回は弱電業界の通信機器製品のシャーシ加工ですが、1製品10パーツ前後で構成されております。
板圧が同一であればタレパンの自動機にかけ、定尺の材料(3*6、4*8)の中にネスティングで歩留まりを上げ材料費を下げて、お客様にコストダウンを還元する手法をとことん追及しております。
株式会社都留では出来るだけ小ロット製品でも出来る限り自動ラインで流し、スピードアップを努力をしております。

貴社の「コストダウン」「納期短縮」の可能性を探ります

ステンレス・鉄・アルミ
の精密板金加工
50~1,000個の中ロット
生産はお任せください!

(営業時間内のお問合せは即日対応、
見積は即確認いたします)

お電話でのお問合せは
平日9:00〜17:00までと
なっております。