【通信機器】【圧入加工】【カシメ機】【セルフクリンチングスタッド】通信機器パネル
2021年1月22日 公開  2021年2月16日 更新
業界
素材
技術
圧入加工

【通信機器】【圧入加工】【カシメ機】【セルフクリンチングスタッド】通信機器パネル

ヘガーインサートマシンにて安定加工

仕様・データ
材質
SECC
板厚
1.0t
公差
一般公差範囲内
ロット
1~1,000個
この事例についてのコメント

圧入加工は、機械的加工の一つで、ナットやスペーサー、セルフクリンチングスタッド等をプレス加工によって加圧変形させて締結させる加工方法です。弊社は自動供給装置付きの専用機、ヘガーインサートマシンにて安定加工しております。
溶接に適さない金属の組み合わせや、溶接することで変色してしまう塗装鋼板などの接合に適しています。

貴社の「コストダウン」「納期短縮」の可能性を探ります

ステンレス・鉄・アルミ
の精密板金加工
50~1,000個の中ロット
生産はお任せください!

(営業時間内のお問合せは即日対応、
見積は即確認いたします)

お電話でのお問合せは
平日9:00〜17:00までと
なっております。