最速1営業日回答!ステンレス・鉄の精密板金、タレパン・レーザー加工・溶接の量産・一貫生産対応!ロボット溶接等の量産設備で、短納期が可能。
株式会社 都留
>> ホーム >> 都留の強み >> 製品案内 >> 技術情報 >> 設備情報 >> お取引について >> 納品事例ブログ
納品事例ブログ
製品事例別 素材別
月別アーカイブ クリックで展開
CONTENTS MENU

納品事例ブログ

製品別:通信機器板金製品 事例一覧
case20200420-2.jpg case20200420-1.jpg
 
商品:プレートカバー   
材質:SUS430
板厚:t1.5
納品事例:通信機器
素材カテゴリ:ステンレス
サイズ:220×200
ロット:30

コメント:
ブランクはレーザパンチ複合機で、その後はR面取りバリ取り機をかけて、
NCスタッド溶接機で加工。検査後梱包して出荷です。
     
以前はスタッド溶接も職人がガンで一発一発打っておりましたが
現在はNC機で加工、社内コストも60%以上ダウンしました。
 
20160513case_01.jpg


タイトル:ステンレスケース
加工商品:コントローラーボックス
材質:SUS304 ヘアライン
板厚:1.2t
サイズ:160*100*H260
ロット:100

コメント:
この製品は同業他社様で継続して流れていたようですが、
納期があてにならず困っていたようで、今回当社に転注になりました。
板金加工からスポット溶接及び扉との組立作業で足の長い工程になります。
ロット100ですので当社には得意の数量になります。

20160513case_02.jpg


20160420case_01.jpg

20160420case_02.jpg


■加工商品:通信機器
■材質:SPCC
■板厚:1.2t
■サイズ: 前面カバー:270×50×15 本体ケース:270×250×300
■ロット:50

■コメント

この製品をご注文頂いているお客様からは、
この製品を含め色々な製品をリピート注文頂いております。

サイズ的には、株式会社都留が得意とするサイズです。

工程としましては、この状態で弊社は出荷。
このあと、他の業者さんが部品を組み込みと塗装をされます。

今回の様に、塗装は別会社さまでされるという方法も可能ですし、
弊社で塗装まで行い納品も可能です。
弱電機器部品

加工商品: 弱電機器部品
材質: SPCC
板厚: 1.6t
サイズ: 高さ40 × 横280 × 縦210
ロット: 300

コメント: タレパン加工の板金部品です。薄板であればタレパンで
    2t以上だとレーザー加工。レーザー加工ですとコストアップになってしまいますので
    できればタレパンにてブランク加工したほうが安価にできます。
    都留では100〜500ヶの板金部品加工が得意です。
通信機器の板金部品(前扉)

通信機器の板金部品(前扉)

通信機器の板金部品(前扉)

加工商品: 精密板金の前扉
材質: SPC
板厚: 1.2t
ロット: 100
サイズ: 横22cm  高さ16.7cm  奥行き 1.7cm
コメント: 板金加工の仕事は板物の加工だけでなく
     蝶番やパイプなどの加工も良くあり、
     それらを組み合わせて部品、製品になっております。

アルミ板金の通信機器プレート

■ 材質:アルミ(AL5052)
■ 板厚:1.0t
■ 加工商品: 通信機器板金製品
■ コメント:アルミの薄板板金部品です。
     ブランクはターレットパンチプレスにて加工しております。
     塗装は艶消しで、最終工程はシルク印刷です。

アルミフロントカバー

case20130121_2a.jpg

加工商品:通信機器板金部品
材質:AL5052s
板厚:1.2t
サイズ:220*160*h35
ロット:100

コメント:アルミの板金部品でございます。加工の中でスタッドピンのカシメ(圧入)を
   施しております。カシメの表面は塗装時にパテ仕上げをし、塗装します。


case20120619_silk.jpg

■ 加工商品:通信機器カバー
■ 材質:SPCC
■ 板厚:0.8t
■ サイズ:100*60*20
■ ロット:100

■ コメント:
  今回は精密板金の鉄板に塗装後シルク印刷品でございます。
  印刷の設計がかなり細かいのですが協力工場にて、きれいに仕上がっております。
  板金加工は、タレパン→曲げ→タップ→カシメです。

case120405-1.jpg



■加工商品:電源機器(ケース・BOX板金加工)
■材質:ボンデ鋼板
■板厚:1.0t
■サイズ:100*100*50
■ロット:100s

■コメント:
 電源機器のシャーシ、カバーの板金加工でございます。
 タレパンでブランク、タップ加工し、その後スタッド等をカシメております。
 当社は量産の精密板金を得意とし、短納期で対応致します。

case_120216-1.jpg


case_120216-2.jpg

■加工商品:ラッチ金具
■材質:SUS430 2B
■板厚:1t
■サイズ:40*40*H15
■ロット:50

■お客様の課題: 
 市販品のラッチ金具を使用しておりましたが、負荷がかかり過ぎて壊れてしまい、
 オーダーメイドでラッチ金具を製作したい。
■解決提案:
 今回、子部品をスポットしましたが量産時には
 一体化で本体を切り起こし金型で曲げを提案しました。
■お客様からの感想
 都留なら出来ると満足して頂きました。

case_111129.jpg


■商品内容:SPCC+艶消し塗装
■加工商品:通信機器板金製品
■材質:SPCC
■板厚:1.2T
■サイズ:90*150*H15
■ロット:200s

■コメント:
通信機器のシャーシとカバーですが、タレパンにて加工後ファースナーをカシメております。
表面処理は黒の艶消し塗装を施しております。
都留では、自動のタレパンがございますので、量産品の板金部品の加工を得意としております。





case_110729-1.jpg

case_110729-2.jpg



■加工商品:通信機器シャーシ&カバー
■材質:SPCC
■板厚:1.2t
■サイズ:80*80*H40
■ロット100ヶ

■コメント:通信機器シャーシとカバーですが、お客様へVA提案させて頂き、カタチにしました。
基板取り付けのファスナーはオネジ、メネジ共にカシメ加工にてコストダウンしております。
最終工程は塗装です。




case_110405-1.jpg

case_110405-2.jpg

■加工商品:ラック関連シャーシ
■材質:ボンデ鋼板
■板厚:1.0t
■サイズ:300*400*H50
■ロット:50
■コメント:ラック関連の板金製品です。ボンデ鋼板をタレパン加工にてブランキングし、
ブリッジ成型加工後複数のスペーサーを圧入します。
材質の仕様としては、お客様により異なりますが、ボンデ鋼板のままやSPCCに、
メッキ仕様等が御座います。

case_1100302-1.jpg



case_1100302-2.jpg


旋盤加工やフライス、マシニング等の機械加工品も板金部品と一緒にオーダー頂きましたら、
ユニットで納入いたします。
case_110203-1.jpg

case_110203-2.jpg

■加工商品:通信機器製品タレパン加工
■材質:SECC(ボンデ鋼板)クロムフリー
■板厚:1.2t
■サイズ:W500*350*H80
■ロット:50
■加工内容:通信機器シャーシ加工
■加工技術:タレパン、曲げ加工、カシメ(ファスナー圧入)。

■コメント:
今回は弱電業界の通信機器製品のシャーシ加工ですが、1製品10パーツ前後で構成されております。
板圧が同一であればタレパンの自動機にかけ、定尺の材料(3*6、4*8)の中にネスティングで
歩留まりを上げ材料費を下げて、お客様にコストダウンを還元する手法をとことん追及しております。
株式会社都留では出来るだけ小ロット製品でも出来る限り自動ラインで流し、スピードアップを努力をしております。



case_101208.jpg
■加工商品:電子応用機器シャーシ
■材質:アルミ5052
■板厚:1.2t
■サイズ:250*200**60
■ロット:50台
■コメント:
アルミ5052sのタレパン加工の部品板金ですが、表面処理が青色アルマイト仕様でした。
客先指定ですが結構きれいでした。
最近は白、黒以外にも赤色アルマイトなど様々な色にも対応しております。
case_090924.jpg


■加工商品:通信機器コントロールボックス
■材質:SPCC
■板厚:1.2t
■サイズ:W100*L70*H150
■ロット:50ヶ

■加工内容:板金加工、焼付け塗装、シルク印刷
■加工技術:タレパン、曲げ、カシメ、溶接、仕上げ

■コメント:
SPCCをタレパン加工後カシメ、溶接後、焼付け塗装、シルク印刷を施しました。
都留では板金加工から表面処理まで一貫生産いたします。

case_090630.jpg

加工商品:PC本体ケースBOX
■ 材質:SECC(ボンデ鋼板)
■ 板厚:1.2t
■ サイズ:W180*L500*H350
■ ロット:30

加工内容:通信機器ケースボックス・板金加工
加工技術:タレパン&レーザー加工、曲げ加工 溶接加工、仕上げ、焼付け塗装、組立。

コメント:
SECC1.2tをタレパン・レーザーにて複合加工し、
当社一押しのTIG垂直自動溶接機にて四隅を溶接加工し塗装処理し、
最終工程で組立を致します。

特徴は、溶接工程で自動機で加工することにより、
チャージをぐっと押さえ低コストでお客様へ供給できます。

この製品も大手メーカー様へ供給させていただいております。
(VA/VEの当社設計も含む)

case_090603-01.jpg



加工内容:通信機器カバー、アルミ5052、0.5t、黒アルマイト
加工技術:レーザー加工、バリ取り、ベンダー加工、アルマイト処理
サイズ:220*20*H70


板厚が薄いので曲げ工程など各工程で取り扱い注意です。
master_090528-01.jpg

加工内容:通信機器メーカー、板金部品、SPC、1.6t、金具ニッケルメッキ

図面を見ても一見なんでもない部品ですが、板金加工の通常の加工ではできませんでした。

タレパン タップ 曲げ メッキで終わるはずでしたが、中央にある窓がクセ者でした。
窓が曲げで引っ張られ変形してしまう為、後からレーザー加工を施し、追加工しました。

よって、工程は、「タレパン、曲げ、タップ、レーザー加工、メッキ」 となりました。

P8070078-1.jpg

 

 

 

 

 

 

通信機器 板金製品

 

SECC t1.0溶接構造

ボンデ鋼板の材料板厚1?をTIG溶接でくみ上げその後塗装をしスクリーンシルク印刷で文字を印刷しています。

 

通信機器筐体

2008年08月21日

P8070064-1.jpgのサムネール画像

 

 

 

 

 

 

通信機器筐体

アルミのt2.0の溶接構造です。

中の部品もアルゴン溶接で溶接しました。

 

通信機器関連カバー

2008年03月31日

n_0331.jpg
SECC1.2tの曲げ難加工品です。専用型も使用するのですが、全部で12工程のシロモノです。

へミング加工や角度曲げ、R曲げとあります。
寸法出しも大変ですがオペレーターのほうも量産品ですので加工後半くたくたになっています。

▲上に戻る

株式会社都留 TSURU.CO.JP 会社案内 お問合せ サイトマップ お見積りフォーム